2014年01月27日

四国の海の守り人

1月18日、高知県で行われた「四国海の守り人交流会」に参加してきました。
平成22年度から年に1回、開催されているこの交流会は、公益財団法人 黒潮生物研究所が主催しています。四国の海で環境活動をされている方々が集まり、活動の発表や意見交換を行いました。
一般発表の部では、中地シュウさん(黒潮生物研究所)、町田元秀さん(桂浜水族館)、森田輝男さん(パシフィックマリン)、岩瀬文人さん(黒潮生物研究所)、光澤安衣子さん(西条自然学校)、岡田直也さん(ニタコンサルタント)が発表を行いました。海の生物(今回はウミガメ、サンゴなど)を守るための活動、自然と共生した地域づくりのための海のガイドブックの制作、親子向け干潟の生物観察会の開催など幅広い分野の方々の発表を聞くことができました。四国EPOも「四国の海の活動紹介」として海ごみをテーマに発表をさせていただきました。

P1180082.jpg


後半は、「海の生物多様性とは?」というテーマで参加者全員による意見交換を行いました。「漁業」「海岸」「教育」の3つのテーマごとに「したいこと」「してほしいこと」「してほしくないこと」を出し合いました。印象に残ったコメントのひとつに、「違いのわかる人にしか生物多様性はわからない」ということがありました。海の小さな変化にも気づくことができる漁業者の方たちはまさに「海のセンサー」。そんな漁業者の人の話にもっと耳を傾けるべきだという声もあがりました。そして、3つのテーマの中で最も多く意見が出たのが「教育」の分野でした。「子どもたちに”ホンモノ”の教育をしてあげたい、してほしい」「もっと海に愛着をもってほしい」「海の生き物について、海の環境問題について、親子で会話をしてほしい」「海の保全だけをすすめても根本は解決しない。山・川との連携した取り組みが必要」など多くの意見があり、みなさんの教育に関する関心が非常に高いことがわかりました。

P1180089.jpg
posted by 4epo at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記