2014年09月30日

『たのしい樹木さんぽ』に参加しました!

9月24日(水)自然環境を守るための第一歩として、身近な樹木の観察から視野を広げていこうという趣旨の講座『たのしい樹木さんぽ』に参加してきました。
座学では、見やすく分かりやすいテキストを基に、正しい枝の伐採方法や剪定に適した季節の見極め方、健康な木かどうかの判断ポイントなど、庭木の手入れにも生かせるノウハウを得ることができました。

また、「“木”は、なぜ大きくなると思いますか?」という講師からの意表を突いた質問に、参加者たちは答えに窮し、ギブアップ。『“木は大きいもの”という考えで育ってきたので、“なぜ大きいか”なんて、そんなこと考えたこともなかった。』との声。タンポポを比較例にとって回答していただいたのですか、土に近く根を深く張れば、栄養も効率よく回せて生長できる。しかし、木は周囲の他の木より大きくならないと日照もままならず生長できない。だから一生懸命背伸びして大きくなるとのこと。

IMG_2709.JPG

座学の後、フィールドワークとして街路樹の観察に赴き、座学で学んだ知識から樹木の健康状態なども実際に確認しました。
枝の付き方、葉の特徴、実の運ばれ方、花のこと。さまざまな方向性の知識を得ることができ、樹木観察のポイントを押さえることができました。これからまた紅葉・黄葉も始まり、ますます樹木の観察が楽しくなりそうです。

IMG_2712.JPG

posted by 4epo at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記