2014年12月31日

ESDの10年

 2014年はESD(持続可能な開発のための教育)の10年、節目の年。国内では、さまざまな関連イベントや会議が開催されました。

 四国EPOからもイベントや会合にはできるだけ出席し、四国の取組みをアピールしました。国際会議やフォローアップ会合などにも参加し、これからESDがどうなるかについて情報収集しました。「持続可能な開発のための教育」が、10年で達成できる訳ではないだけに、この取組みをどのような形でキャンペーンのレベルから主流化につなげていくかは、多くの人の関心事でした。

 そんな中、ESDに関するユネスコ世界会議の最終日に「あいち・なごや宣言」が採択され、ESDの更なる強化と拡大に向けての行動指針と加盟国に対して教育政策やESDの強化を求める内容が示されました。あわせて、2015年からは、ユネスコの公式プログラムとして「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム」が始まります。

 このグローバル・アクション・プログラムには、5つの優先行動分野に焦点があてられています。
・政策的支援(ESDに対する政策的支援)
・機関包括型アプローチ(ESDへの包括的取組)
・教育者(ESDを実践する教育者の育成)
・ユース(ESDへの若者の参加の支援)
・地域コミュニティ(ESDへの地域コミュニティの参加の促進)
詳細は、仮訳等がインターネットにアップされているので検索してください。2015年はこれらの意味を考えながら、四国EPOがすべき役割について、考え、実践する1年になりそうです。

 末筆ながら、2014年中お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。2015年、これまでご支援ご協力くださったすべてのみなさまにとって良い年を迎えられますようお祈り申し上げます。

写真:ESDに関するユネスコ世界会議の様子
IMG_9579.JPG






posted by 4epo at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記