2015年04月23日

ESDカフェ

皆さんは香川県から瀬戸大橋を渡った岡山県岡山市で開催されているESDカフェを知っていますか?

2010年から行われているESDカフェでは各回のテーマごとにゲストを招き、お話の後に意見交換を行っています。持続可能な社会づくりを進めていくために、さまざまな人が集まり、立場や役職に関わらず自分の想いや疑問を話し合い、対話を進めていく場でもあります。

今回のゲストは岡山大学の理事・副学長、また、岡山ESD推進協議会の企画委員長でもある阿部宏史先生で、ESDの10年の振り返り、また、今後の流れを含めたお話をしていただきました。その中で、2015年以降のESDの取り組みを推進する、グローバルアクションプラン(GAP)について紹介があり、具体的に、@政策的支援、A機関包括型アプローチ、B教育者、Cユース(youth)、D地域コミュニティの5つが優先行動分野として位置づけられたことや、全体的な目標としてESDを加速するために、教育・学習のすべてのレベル・分野で行動を起こし、拡大しようとしていることが分かりました。

その後、参加者内でグループを作り、「今後のESDカフェ」について意見交換を行いました。どんなテーマについて話し合いたいか、誰をゲストとして迎えたいかなどを付箋に書き、共有しました。私のグループでは、「ESDを普及させるため企業が行っているESD活動の事例を知りたい」、「事業所で実施しているどんぐりポイントを他企業に普及するためにどのようなアプローチを行えばいいか」など、ESDの普及啓発に関わるものや、「ESDの今後について包括的に学ぶ場であって欲しい」という今後の動きに焦点を合わせた意見があり、今後も多様性に満ちたESDカフェが開催されることが期待できる話し合いの場となりました。ちなみに今回のESDカフェへの参加者は40人と通常に比べて多く、世界会議が開催された熱気を未だに感じることができました。

ESDカフェは岡山県岡山市で毎月第3木曜日に開催されています。
参加者が多様であるからこそ、「えっ、これもESD?!」と思うようなテーマが次々と企画されるのではないでしょうか?今後も岡山のESDカフェから目が離せません。

詳細情報は下記、HPをご覧ください。
水と緑が合言葉 おかやま ESDなび
http://www.okayama-tbox.jp/esd/pages/esdcafe
posted by 4epo at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記