2015年05月19日

トキワバイカツツジ観察会が実施されました

トキワバイカツツジをご存知ですか?初めて名前を聞くという人がほとんどと思います。それもそのはず、1984年に発見された宇和島市のごく一部のみに自生する希少な植物で、愛媛県RDBの掲載種でもあります。花期は4月下旬〜5月上旬、丸みのある花はかわいらしく香りが良く、園芸的に価値が高いために盗掘が懸念され、特定希少野生動植物に指定、採取等が禁止されています。(愛媛県RDBで検索できます)
このトキワバイカツツジを調査・保全するとともに、資源として活かすための模索が地元有志によるNPO「トキワバイカ*プロジェクト」によってスタートしました。そして、第1回観察会が4月末から5月7日までの5日間行われ、約50人の参加者が開花の様子を観察しました。自生地は渓谷沿いで、もともとは里山として適度に人の手が入り、日当りが良く、生育に適した環境だったと考えられますが、現在ではシイ・カシの林が発達して光条件が悪くなり、生育環境が悪化していることが懸念されています。
トキワバイカツツジが世界のここだけに生育するに至った理由を、専門家の話をうかがいながら推理することは、ロマンがあり、また人と自然の関わりを深く考える機会にもなりました。
トキワバイカ*プロジェクトは、トキワバイカツツジを育んだ宇和島の自然と、文化、人をつなぎ、宇和島の魅力を発信するプロジェクトを推進していく方針とのこと。注目です!P1.jpg
観察会の昼食は採取した野草の天ぷらとシカ肉
P3.JPG
観察会の様子
トキワバイカツツジ.jpg
トキワバイカツツジ開花の様子
posted by 4epo at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記