2009年01月10日

シンジケート

migaki01.JPG

あっこれ!とわかった方は

  「ツウ」

ですね〜。

そうです、あの磨き屋シンジケートの
エコカップ。

なんと知り合いが持ってました〜
びっくり。

この輝き、形、素敵です…
職人さんの心意気を感じます。

migaki02.JPG

リユース食器になるかしら?
(ビール美味しく飲めそう〜)

と思いきや、
単価が1000円以上なので、
大量貸し出し用というよりは個人の
マイカップとして持つのに適してますね。

デザインとエコ、
技術とエコ、

なんでもマッチングというのは
ステキなものです。
だから長く、大切に使えるモノが
生まれるんだろうな〜と感じます。


posted by 4epo at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
シンジケートだ、あの磨き屋だといっても、わかる人、少ないよ。新潟県燕市の金属研磨のいくつかの会社が連合体をつくって開発し、販売している新商品といえば、少しはわかるよ。超ハイレベルな金属研磨の技術で、何でも見事に磨き上げてしまう。このカップは、遊び心で作ったという。正月のテレビ番組で燕市のこと紹介されてた。職人による生産も追いつかず、容易に手に入らんと思うが、知人さんどこで手に入れたのか知りたいな。それに1000円どころでないんよ。その倍はすると思うね。
Posted by エコエコファイターズ at 2009年01月19日 22:33
磨きやシンジケートのエコカップ、エコプロでも出展してたこと後で聞きました。
このカップでビールを飲むととても旨いらしい。理由は、ビールの泡が大きくならないように、小さな泡が消えないように磨いてあるという。職人の技もここまでくると、本物です。
何故、”エコ”なのか、わからない人も多いでしょうね。
Posted by 四国のエコやん at 2009年01月19日 22:58
燕市のエコカップ、インターネットで注文しました。1コ1800円です。宅配の代引きで送料等込みで3000円近くになります。
マイカップとして持ち歩けばエコカップでしょうが、家の宝として、ジョッキとして愛用することに決めました。
Posted by グリーンラブT at 2009年01月19日 23:07
”MADE IN TSUBAME MIGAKI COM”のステンレス製カップ、ネット注文したら、すぐ届きました。本隊1800円+代引き手数料+送料=3065円。試しに飲んだビールの味は、期待通り、旨いです!ステンレスの舌ざわりもいい。最初の一口の旨さが、最後まで味わえる。磨き方と味とどういう因果関係があるのか、不思議なカップです。
CUP SAVE THE EARTH は、
少々、エコ乗り過剰とも思えますが。
Posted by グリーンラブT at 2009年01月21日 09:53
寒い毎日ですが、このカップを入手できたお陰で、毎晩、美味しいビールをやっております。
専用の手提げ袋に入れて外出し、自宅では飲めない生ビールの味を確認しようと思います。
磨きや屋の関係者も使った感想を聞かせて欲しいといわれてます。
Posted by グリーンラブT at 2009年01月28日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25415554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【ビールの泡がクリーミーに】ステンレスECOカップ
Excerpt: ビール党にお勧め。使い捨てでないエコなカップである。
Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物
Tracked: 2009-08-18 12:57